歴史メモノート

旅や本、テレビやネットで学んだメモノートです。

9番目の勅撰集和歌「新勅撰集」

新勅撰和歌集
勅撰和歌集の9番目
十三代集の1番目


宣下 後堀河天皇

1235年成立

撰者 藤原定家

20巻 約1374首(伝本により違う)

f:id:itukasan:20201004205919p:plain

1219年
鎌倉幕府3代将軍源実朝が暗殺され源氏が断絶


源実朝の母・北条政子
摂関家から九条道家の子・頼経(2歳)を迎え後見し、
将軍の代行をつとめる(尼将軍)


1221年 承久の乱
後鳥羽院側が幕府に敗れ隠岐へ配流される。

この時、朝廷が敗れ武家政権が確立した。

順徳院は佐渡へ、土御門院は土佐へ配流される。

鎌倉幕府は、京都守護を廃して、
京都鴨川の東、五条と七条の間の地に六波羅探題を設置し朝廷を監視、京都周辺の政務と裁判を統括するものとした。

幕府は、仲恭天皇を退位させ、後堀河天皇(10歳)を立太子礼を経ず即位させた。


1226年、
九条頼経(8歳)が鎌倉幕府4代将軍となる(1244年まで)
執権北条泰時北条時房による治世(北条義時・政子はすでに逝去)


1230年頃、後堀河天皇の下命を受けて藤原定家が「新勅撰集」の編纂を始める。


天候異変による大飢饉があり編纂が遅延。


1232年、北条泰時ら幕府により「御成敗式目」が完成。


後堀河天皇四条天皇(2歳)に譲位した2年後、1234年に崩御(23歳)


九条道家が故後堀河上皇の許にあった「新勅撰集」の仮奏覧本の完成を定家に依頼。

1235年
「新勅撰集」が完成し奏上。

承久の乱に関係した人々の歌は切り捨てられ、鎌倉幕府方の歌が付け加えられた。


この頃、藤原定家百人一首の原形を編纂。

1241年
藤原定家、逝去


f:id:itukasan:20201010194648p:plain

「新勅撰集」巻頭歌

『詞書』上の男共、年内に立春と云へる心を仕うまつりけるついでに

1
新ら玉の(あらたまの)
年もかはらで
立つ春は
霞ばかりぞ
空に知りける

御製(後堀河院御製)

勅撰集で初めて御製を巻頭歌とした。

f:id:itukasan:20201010194648p:plain

8番目の勅撰和歌集「新古今集」その3

八代集のラスト「新古今和歌集」はWikisourceで全20巻、全文読めます。


主な歌人
西行 94首
慈円 92首
藤原良経 79首
藤原俊成 72首
式子内親王 49首
藤原定家
藤原家隆
寂蓮
後鳥羽院

f:id:itukasan:20200512073324p:plain

最初の歌

巻1 春上

1
『詞書』春たつ心をよみ侍りける

み吉野は
山もかすみて
白雪の
ふりにし里に
春はきにけり

by 摂政太政大臣(良経)


2
『詞書』春の初めの歌

ほのぼのと
春こそ空に
きにけらし
天の香具山
霞たなびく

by 太上天皇後鳥羽院


3
『詞書』百首歌たてまつりし時春の歌

山ふかみ
春とも知らぬ
松の戸に
たえだえかかる
雪の玉水

by 式子内親王


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

巻4 秋上から

360
『詞書』をのこども、詩を作りて歌に合わせ侍りしに、山路秋行といふことを

深山路(みやまじ)や
いつより秋の
色ならん
見ざりし雲の
夕暮の空

by 前大僧正慈円


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

三夕(さんせき)の歌


361
『詞書』題不知

寂しさは
その色としも
なかりけり
真木(まき)たつ山の
秋の夕暮れ

by 寂蓮法師


362
心なき
身にもあはれは
知られけり
鴨立つ(しぎたつ)沢の
秋の夕暮れ

by 西行法師



363
『詞書』西行法師すすめて百首歌よませ侍りけるに

見渡せば
花も紅葉も
なかりけり
浦の苫屋(とまや)の
秋の夕暮れ

by 藤原定家朝臣


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

最後の歌
巻20 釈教歌

1978
『詞書』勧心をよみ侍りける

闇晴れて
心の空に
すむ月は
西の山辺
近くなるらん

by 西行法師

f:id:itukasan:20200329132534p:plain

8番目の勅撰和歌集「新古今集」その2

八代集のラスト「新古今和歌集

宣下 後鳥羽上皇

撰者 
藤原定家源通具藤原有家藤原家隆・藤原雅経

1205年成立

歌数 1978首

f:id:itukasan:20200512073324p:plain

1198年、
19歳で帝位を土御門に譲った後鳥羽院は、近臣たちと和歌を詠み始め
正治2年院初度百首』を催して、九条家歌壇を吸収し、さらに広く歌人を集めて後鳥羽院歌壇を形成した。


『初度百首』で、後鳥羽院は若手の新風歌人であった定家の歌に感銘を受け、定家は内裏への昇殿、院御所への昇殿を許されるようになった。


後鳥羽院は『後度百首』『千五百番歌合』などの歌合や歌会を催し和歌活動をさかんに行った。

1201年、
和歌所を設置して11名の寄人を任命、その中から、
通具・有家・定家・家隆・雅経・寂蓮の6名に「新古今集」撰集下命を下した。
(寂蓮は撰進前に没)


1205年、
仮名序、清書未完のまま、撰集完了を祝う竟宴(きょうえん)が行われた。
そのため、この年を新古今集の成立と表記されることが多い。

以降、改訂整備が続けられた。

仮名序は良経が起草執筆、真名叙は儒者の親経が執筆し良経が監修したとされる。
良経は、1206年に急逝し「新古今集」の完成をみることはなかった。


1219年、
後鳥羽院と親交の篤かった鎌倉幕府3代将軍源実朝が暗殺され、北条氏(北条義時・政子)の執権幕府になると
後鳥羽院は、鎌倉幕府討幕(=北条氏の排除)に力を注ぎ込むようになる。

1221年
承久の乱を起こすが敗れて、隠岐へ配流されてしまう。

この時、武家政権が確立した。

順徳院は佐渡へ、土御門院は土佐へ配流され、歌壇は崩壊した。

鎌倉幕府は、京都守護を廃して、
京都鴨川の東、五条と七条の間の地に六波羅探題を設置し朝廷を監視、京都周辺の政務と裁判を統括するものとした。

幕府は、仲恭天皇を退位させ、後堀河天皇(10歳)を立太子礼を経ず即位させた。


後鳥羽院は、隠岐で歌を詠み、都の旧臣たちから歌を召して歌合、遠島御歌合を行うなど、再び和歌に心を傾け
1236年頃に
新古今集」から約380首を除いて「隠岐新古今集」を成立させた。


後鳥羽院隠岐でも刀剣作りを続け、自らの印として刀に16葉の菊紋を彫り込み、それが今でも天皇家の家紋「菊の御紋」として使われ続けている)

f:id:itukasan:20200329132534p:plain

8番目の勅撰和歌集「新古今集」その1

八代集のラスト「新古今和歌集」は、鎌倉時代初期に成立。

平家が壇ノ浦で滅亡し、源 頼朝が鎌倉幕府の初代征夷大将軍となってから、初めての勅撰和歌集
宣下は、後鳥羽上皇

f:id:itukasan:20200512073324p:plain

鎌倉時代

1180年 源頼朝挙兵。鎌倉に本拠を置く。

1185年 壇ノ浦で平氏滅亡

1187年 「千載集」成立

1192年 源頼朝鎌倉幕府初代征夷大将軍

1199年 源頼朝、死去、満51歳

1202年 源頼家鎌倉幕府2代征夷大将軍(1203年解任され、1204年暗殺される。満21歳)

1203年 源実朝鎌倉幕府3代征夷大将軍

1205年 和歌を好む源実朝、披露前の「新古今集」を京から運ばせる。

1205年 「新古今集」成立

1219年 源実朝、猶子の公暁に襲われて落命。満26歳。

実朝の実子はいなかった為、源氏将軍・河内源氏棟梁の血筋が断絶。

1221年 承久の乱後鳥羽院隠岐に流される。

日本史上、初めて臣下が上皇を処罰。
幕府が朝廷より優位となった。


1226年 藤原頼経九条頼経)が鎌倉幕府4代征夷大将軍摂家将軍となる。
実権は執権の北条氏、北条義時・政子。

f:id:itukasan:20200512073324p:plain

九条頼経は、百人一首91番歌・藤原良経の孫。


九条家(5摂家のひとつ)
初代兼実(藤原忠通の6男)

良経(百人一首91番歌)

道家

頼経(鎌倉4代征夷大将軍

頼嗣(鎌倉5代征夷大将軍


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

その後

鎌倉幕府6代将軍は、後嵯峨天皇の第1皇子・宗尊親王

皇族で初めての征夷大将軍

以降、鎌倉幕府滅亡の第9代将軍まで、皇族将軍(宮将軍、親王将軍とも)


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

鎌倉幕府征夷大将軍9代

1192年
1 源頼朝(源氏)

2 源頼家(源氏)

3 源実朝(源氏)の時「新古今集」成立


~「新古今集」までの勅撰和歌集を 『八代集』という~

~この先「新勅撰集」から「新続古今集」までの勅撰和歌集を 『十三代集』という~


4 藤原(九条)頼経(摂家将軍)の時①「新勅撰集」成立

5 藤原(九条)頼嗣(摂家将軍)の時②「続後撰集」成立

6 宗尊親王の時③「続古今集」成立

7 惟康親王の時④「続拾遺集」成立

弘安の役(元軍襲来、漂没)

皇統が南北に分裂

8 久明親王の時⑤「新後撰集」成立

9 守邦親王の時
 ⑥「玉葉集」(北朝・持統院統・伏見院下命)
 ⑦「続千載集」(南朝大覚寺統・後宇多院下命)
 ⑧「続後拾遺集」(南朝大覚寺統後醍醐天皇下命)


1333年 鎌倉幕府滅亡


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

以降、編集途中


室町幕府征夷大将軍15代

1 足利尊氏の時
 ⑨「風雅集」(北朝・持統院統・花園院と光厳院が下命?)成立

2 足利義誼の時
北朝・持統院統・後光厳天皇下命の⑩「新千載集」⑪「新拾遺集」成立

3 足利義満の時
 北朝天皇下命⑫「新後拾遺集」成立
 (直前の「新葉集」は准勅撰集とされる)

 (南北朝統一)

4 足利義持

5 足利義量

6 足利義教の時
最後の勅撰和歌集⑬「新続古今集」(北朝天皇下命)成立

室町幕府は、15代将軍足利義昭で滅亡。

八代集』と『十三代集』合わせた『二十一代集』以降、勅撰和歌集は編纂されていません。

(勅撰集の下命は、将軍ではなく、天皇上皇法皇

北朝南朝天皇上皇、入り乱れてるので・・後で書き換えます。

f:id:itukasan:20200329132534p:plain

四鏡

大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」は、四鏡(しきょう、しかがみ)と呼ばれる歴史物語


歴史を明らかに映し出す鏡という書名。


初めに成立した大鏡は、老人が「昔はこんなことがあったなぁ」と語る形式で、あとの鏡物も継承しています。


大鏡」と「栄華物語」は、年代がかぶっていますが、「大鏡」は男性のエピソードが多く「栄華物語」は宮廷の女性のエピソードも多い。


そのため「栄華物語」正編の作者は、后や天皇に仕えた女房、中宮彰子に仕えた赤添衛門であり、彰子の父・藤原道長の栄華を書いたものといわれます。

f:id:itukasan:20200331134715p:plain

大鏡」は、
190歳と180歳の老人二人が見聞きしてきたという昔話、天皇家と藤原一族の話。
文徳天皇=在位850~858
から、後一条天皇=在位1016~1036)


「今鏡」は
150歳だという老女が語る、大鏡以降の王朝末期の話。
後一条天皇から、高倉天皇=在位1168~1180)


「水鏡」は
若い修行者が仙人から聞いたという天皇にまつわる故事を、修行者から聞いた73歳の老尼が語る話。
(初代神武天皇から第55代・仁明天皇まで)


「増鏡」は
後鳥羽天皇から、後醍醐天皇隠岐の島から還幸なさった1333年までの約150年間の歴史が書かれたもの。

f:id:itukasan:20200331134715p:plain

栄華物語

「栄華物語」は、宇多天皇から堀河天皇にいたる15代およそ200年間の宮廷貴族、藤原一族の歴史物語。

全40巻(正編30巻、続編10巻)

正編は、およそ1030年頃成立

続編は、およそ1092年頃成立

f:id:itukasan:20200331134715p:plain

1 月の宴
 (宇多天皇の時代から始まる。村上天皇藤原師輔の娘安子が入内)

2 花山たづぬる中納言
 (花山天皇出家)

3 さまざまのよろこび
 (一条天皇が7歳で即位)

4 みはてぬ夢
 (藤原道長が実権を握る)

5 浦々の別れ
 (藤原伊周道長との政権争いに敗れる)

6 かかやく藤壺
 (道長の長女彰子が一条天皇中宮となる)

7 鳥辺野
 (定子が崩御

8 はつ花
 (彰子、皇子出産)

9 いわかげ
 (一条天皇崩御

10 日蔭のかづら
 (三条天皇即位)

11 つぼみ花
 (三条天皇の第3皇女禎子の誕生)

12 玉のむら菊
 (後一条天皇の即位)

13 ゆふしで
 (敦明親王が皇太子辞退、道長の介入)

14 浅緑
 (道長の娘威子が後一条天皇中宮となり、一家から3人の后がたつ)

15 うたがひ
 (道長が54歳で出家。法成寺造営)

16 もとの雫
 (道長、栄華を極める)

17 音楽

18 玉の台

19 御裳着
 (三条天皇皇女禎子内親王の裳着の式)

20 御賀
 (道長の妻倫子の60歳の祝い)

21 後くゐの大将

22 とりのまひ
 
23 こまくらべの行幸
 (関白頼通邸で競馬、天皇行幸

24 わかば

25 みねの月
 (道長の娘寛子が亡くなる)

26 楚王の夢
 (道長の娘嬉子も皇子(後の後冷泉天皇)出産後に亡くなる)

27 ころもの玉
 (彰子の出家)

28 わかみづ
 (中宮威子の出産)

29 玉のかざり
 (皇太后妍子=三条天皇の后、崩御

30 鶴の林
 (道長が62歳で薨去

~ここまで、正編~

f:id:itukasan:20200331134715p:plain

~ここから、続編~

31 殿上の花見
 (関白頼通の代。彰子の花見)

32 歌あわせ
 (倫子70歳の賀)

33 きるはわびしと嘆く女房
 (後一条天皇崩御後朱雀天皇の即位)

34 暮まつ星
 (章子内親王が皇太子(=後冷泉天皇)の妃に)

35 蜘蛛のふるまひ
 (頼通の嫡子通房、流行病で亡くなる)

36 根あわせ
 (後冷泉天皇の即位)

37 けぶりの後
 (法成寺焼失。後冷泉天皇崩御後三条天皇即位)

38 松のしづ枝
 (白河天皇即位)

39 布引の滝
 (頼通、璋子姉弟が死去。師実が関白に)

40 紫野
 (白河天皇が譲位。堀河天皇が即位。師実が摂政に。
15歳の師実の孫忠実が、春日大社の祭礼に奉仕する姿を描写して藤原一族の栄華を寿ぎ物語が終了)


~主にWikipediaから引用しました~

f:id:itukasan:20200329132544p:plain

つもり違い十ヵ条

高いつもりで低いのは 教養

低いつもりで高いのは 気位

深いつもりで浅いのは 知識

浅いつもりで深いのは 欲の皮

厚いつもりで薄いのは 人情

薄いつもりで厚いのは 面の皮

強いつもりで弱いのは 根性

弱いつもりで強いのは 我

多いつもりで少ないのは 分別

少ないつもりで多いのは 無駄


.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*


2月1日に発売されたビートたけしさんの「コロナとバカ」が面白そう(^.^)

f:id:itukasan:20200329132534p:plain